BLOG

化学研磨2011.02.09

銅および真鍮は変色すると外観が損なわれるだけでなく、電気的特性も失われます。しかし、化学研磨を行うことで、金属本来の輝きを取り戻し、またその機能特性も維持されます。

 

 

素地真鍮

素地真鍮

真鍮は、亜鉛と銅の合金ですが、金に近い輝きをもち、その加工性と装飾性から様々な電子部品や装飾品に使用されています。
化学研磨を行うことで、真鍮本来の持つ輝きを引き出し、またその輝きを保つことができます。

 

素地銅

素地真鍮

銅は優れた電気伝導性を持つため、電気製品の重要な部分に使用されます。しかし、黒変することで外観が損なわれるだけでなく、その性質も失われます。科学研磨を行うことで、本来の性能を発揮し、その性質を維持することが可能です。

 

※上記以外の素材で、チタン・ニッケルなどの化学研磨の実績もございます。

まずは、お問合せ下さい。