SERVICE ITEM取扱品目

めっき・化学研磨・金属表面処理

銅めっき

対応素材
  • アルミ
  • 真鍮

銅めっきは、電気伝導性と熱伝導性に優れています。各種めっきの下地として使われることが多いめっきです。

日本電鍍工業では、厚付けめっきが得意な硫酸銅めっき、また、鉄素材にも対応できるノンシアンの銅めっきなど、製品の用途に合わせて最適なめっきをご提案いたします。

日本電鍍のポイント
  1. 01. 素材、目的、形状に合わせた銅めっきのご提案
  2. 02. クリーンで安心なノンシアンの銅めっき
  3. 03. 下地めっきへの柔軟な対応(厚づけ対応など)

素材、目的、形状に合わせた銅めっきのご提案

銅めっきは、実はひとつではなく数種類の銅めっきがあります。どの種類の銅めっきも、「熱伝導性」「電気伝導性」「皮膜の柔らかさ」といった基本の性質は大きく変わりませんが、素材や使用用途、形状に合わせて、適した銅めっきを選ぶ必要があります。まずは、素材や目的の確認をさせていただき、最も適した銅めっきをご提案いたします。

クリーンで安心なノンシアンの銅めっき

鉄に対する銅めっきとして、シアン化銅めっきが一般的です。しかし、シアンは毒性があるため使用を控えたいという場合は、弊社のノンシアン銅めっきで対応可能です。それぞれ、めっきの長所と短所があるため、目的に合わせた銅めっきのご提案をさせていただきます。

下地めっきへの柔軟な対応(厚づけ対応など)

銅は、酸化して変色しやすいため、最上層のめっきとしての用途よりも、下地めっきとして使用されることが多いです。弊社では、レベリング作用(平滑作用)に優れた硫酸銅めっきを保有しており、厚付けめっきへの対応も可能です。

また、優れた光沢性、レベリング性から、最上層のめっきの仕上がりを良くすることができます。日本電鍍工業では、手作業ラインならではの製品に合わせた柔軟な対応で、仕様や目的に合わせためっきをご提供します。

■下地めっきの組み合わせ例■

  • 素材アルミニウム
  • 1層目無電解ニッケル
  • 2層目銅めっき
  • 最上層無光沢スズ
銅の特性
  • 電気的特性
    • ・電気伝導性
  • 機械的特性
    • ・肉盛性
  • 物理的特性
    • ・はんだ付け性
    • ・ボンディング性
    • ・非粘着性/塗装密着性
  • 化学的特性
    • ・抗菌性
  • 熱的特性
    • ・耐刷性

その他取扱品目

資料ダウンロード

詳しく見る

日本電鍍はチームで挑む

日本電鍍の強み

詳しく見る

これまでのお取り扱い事例

過去の事例紹介

詳しく見る

DENTO JAPANLATEST TOPICS

2022.04.28

ラジオ出演について

もっと見る