CASE STUDY加工事例

これまでのお取り扱い事例

CASE STUDY 07 December, 2021

通電性UP! 無光沢スズめっき

通電性が良い金属といえば、銅ですが、

銅は、酸化されやすく、酸化するとその性能が落ちてしまいます。

そのため、銅素材の端子などは、そのまま使用せず、スズめっきをすることが多いですね。

 

【スズめっきのGOODポイント】

☆銅よりも酸化されにくいので、銅そのままで使うよりも、通電性を維持できます。

 

【銅ブスバーにスズめっきをした写真】

 

 

↑ 写真1 全体写真

↑写真2 アップ写真

 

社内のめっき用のブスバーに、無光沢スズめっきをした写真です。

無光沢スズめっきは、クールな白色の外観です。(写真1,2 中央)

表面は、大変キズつきやすく、こすれた部分は光沢が発生します。(写真2,左側)

めっきがとれているように見えるかもしれませんが、光沢がでただけで、めっきがとれたわけではありません。

 

 

【対応素材】

・銅

・真鍮

・アルミニウム

・チタン  etc・・・

 

軽量化のために、銅のかわりにアルミニウムを使用する例も増えていますね。

日本電鍍工業では、アルミニウムに対しても処理可能です。

 

 

一度お問い合わせください。

DENTO JAPANLATEST TOPICS

2022.04.28

ラジオ出演について

もっと見る