OUR STRONG POINT日本電鍍の強み

日本電鍍が得意とすること

めっきという
サービス業

依頼されたとおりにめっきをする。それは、とても大切なことです。
しかし、形状や目的、素材によっては、ご依頼された加工種別や膜厚指示よりも、最適な処理がある場合があります。

厚めっきの際の寸法について、めっき前の研磨の有無など、ものづくりのお悩みに対して、めっき業者からのご提案をさせていただきます。

専門資格保有者
  • 電気めっき技能士 特級

    1名
  • 電気めっき技能士 1級

    1名
  • 電気めっき技能士 2級

    4名
  • 毒劇物取扱責任者

    3名
  • 公害防止管理者

    1名
  • フォークリフト技能講習

    5名

ワンランクアップの
ものづくり

表面処理は、製品の価値を高めることができます。たとえば、アルミニウム素材へめっきをすることで、通電性を付与したり、部分的にめっきをすることで、特定の箇所の硬度を高めるなど、めっきでワンランク上のものづくりが可能です。
当社では、薬品会社様との共同開発や品質管理に力を入れており、試作・開発から、量産〜検品まで一貫した対応が可能です。安定した表面処理サービスを提供するために、日々の濃度管理や、膜厚管理なども日々徹底しています。

加工分野 FIELDS OF PROCESSING

ネットワークを活かした
柔軟な対応

当社では、ネットワークを活かしたノンストレス問題解決が可能です。社内は3部署に分かれており、納期管理やお客様の要望にスムーズな対応がとれるよう部署同士の確認、連絡を密に取り合っています。

また、社内だけでは難しいことでも、協力会社様と協力することで、様々問題に対してご提案できる体制が整っています。

部署 DEPARTMENT

さまざまなニーズに対応できるよう、総務部・製造部・事業開発部の3部署を設けております。

地域ネットワーク NETWORK

ネットワークを活かしたノンストレス問題解決。「めっき屋さん」のネットワークを利用することで、それ ぞれの特性を活かし、様々な問題解決が可能です。

設備・検査環境

自動ライン

弊社では、亜鉛めっき各種クロメートを、ラックとバレルの 2 ラインで対応することがで きます。どちらも自動ラインとなっており、小物から大型品を 1 個の試作から量産まで対 応することができます。

ラック

最長 1800mm、重量 200kg までの大型品も自動機による生産が可能です。自動化により、 仕上がりのばらつきが生じにくく、高いクオリティを安定してご提供します。

バレル

小物品の対応も得意としています。最小φ0.9mm の小物品や 1個1g程度の軽量品にも対応しております。形状や量に合わせて、バレルの選定やめっき条件などを変更し、安定した品 質をご提供します。

手動ライン

スズや無電解ニッケルなどの機能性めっきは、手動ラインならではの細やかな品質管理、素材に合わせた柔軟な対応が可能です。マスキングによる部分めっき、下地めっきのご要望、 アルミニウムなどの難めっき素材に対する処理など、柔軟さを活かし、開発段階から、試作、 量産まで一貫して対応することも可能です。

検査環境

めっき後、出荷前に検査をおこないます。目視検査にくわえ、膜厚測定器による精密検査 など徹底した品質管理を社内で行える環境が整っています。また、めっきを安定してご提供 するために、定期的に処理液の濃度確認と記録をおこない、万が一不具合が起きた場合でも、 原因と対策が打てるようにしています。

環境設備

環境対策は未来を支える企業の義務です。当社では、自動排水設備を設置し、無人で排水を無害化するシステムを構築しています。さらに24時間体制の監視設備も設置、よりよい環境を未来につなぐ努力を日々続けていきます。

保有設備一覧
  • 自動型静止式 亜鉛めっき装置(ラック方式)
  • 自動型回転式 亜鉛めっき装置(バレル方式)
  • 自動型回転式 化学研磨装置(バレル方式)
  • 無電解ニッケル装置
  • 電気ニッケル装置
  • 無光沢スズめっき装置
  • 硬質クロムめっき装置
  • 銅めっき装置
  • 無光沢銀めっき装置
  • アルミニウム用処理装置
  • ステンレス用処理装置
  • 各種めっき実験槽
  • ベーキング炉
  • 蛍光X線皮膜測定装置
  • マイクロスコープ
  • 廃液ろ過、スラッジ圧縮機

日本電鍍はチームで挑む

日本電鍍の強み

詳しく見る

これまでのお取り扱い事例

過去の事例紹介

詳しく見る

DENTO JAPANLATEST TOPICS

2022.04.28

ラジオ出演について

もっと見る