CASE STUDY加工事例

これまでのお取り扱い事例

CASE STUDY 01 June, 2021

高耐食の無電解ニッケルを提案

筒状の部品で、筒の中に腐食性の液体が通る。
腐食性を低減しながら、導電性と耐熱性も欲しい。

● 無電解めっきの場合、筒状の内面にもめっきを均一につけることができる
● 融点880℃、電気抵抗値60μΩと、導電性と耐熱性をそなえた無電解ニッケル
● 高リンタイプの無電解で、耐食性も向上

DENTO JAPANLATEST TOPICS

2022.04.28

ラジオ出演について

もっと見る